アイコン

他のオススメ記事はこちらをタップ!

アイコン

こんにちは。マイナビ税理士の記事をご覧いただき、ありがとうございます。

アイコン

あなたにおすすめの記事をご紹介いたします。

未経験でも会計事務所に転職できる?

未経験でも会計事務所に転職できる?

会計事務所は税務や会計のスペシャリストが集まる専門性の高い職場であるため、「未経験者の転職は難しい」と捉える方もいらっしゃいますが、実は未経験からでも転職するチャンスは十分にあります。

ただし、20代~30歳前後の若い求職者がより有利になる傾向が高く、「税理士試験の科目合格者になり、専門性を備えていることを証明する」などの戦略が必要です。
「未経験だけど1科目以上合格している」「税理士を目指している」という方は、ぜひマイナビ税理士にご相談ください。

未経験者が会計事務所への転職を成功させるためのポイントについては以下で詳しくご紹介します。

鈴木 まゆ子

鈴木 まゆ子

税理士・税務ライター

2000年中央大学法学部法律学科卒業。㈱ドン・キホーテ、会計事務所勤務を経て、2012年税理士登録。税金の正しい知識を広めるべく、WEBを中心に多数の記事執筆・税務監修を行う。分かりやすい解説に定評がある。共著「海外資産の税金のキホン」(税務経理協会、信成国際税理士法人・著)。

無料マイナビ税理士に申し込む
まずはキャリアアドバイザーに相談しよう

未経験から会計事務所に転職できるか

事業会社などから税務や会計業務を請け負う会計事務所は、専門性の高い職場です。会計事務所で働くスタッフは、税務や会計の専門知識を備え、経理業務などの豊富な実務経験を持つ人材が集まっています。

ほかの業界から会計事務所に転職したいと考えたとき、プロフェッショナルが集まる職場で未経験者が受け入れられるかが気になります。特に会計業界は専門知識が求められ、なおかつ単純作業はクラウド会計などでどんどん自動化が進んでいるので尚更です。

現在、会計事務所では人手不足が深刻です。特に、案件を多く抱える会計事務所は、常に一定数のスタッフを必要としています

つまり、会計事務所でもほかの事業会社と同じように、新卒採用や未経験者可の中途採用を行っていますので、未経験からでも転職するチャンスは十分にあります。

マイナビ税理士では未経験の方でも転職のチャンスのある求人が多数ございます。サイトに掲載のない非公開求人もございますので、ぜひ一度キャリアアドバイザーにご相談ください。

無料マイナビ税理士に申し込む
未経験で会計事務所に転職を目指す方

必要な経験、スキル、知識、年齢上限とは

「未経験でも転職するチャンスがある」と言っても、誰でも歓迎されるわけではありません。未経験でも会計事務所への転職に必要な要素を確認しましょう。

経験

事業会社などで経理業務の経験を積んだ人は、実務経験者として評価されます。では「経理の実務経験がないと可能性はゼロか」というと、そうとはいいきれません。会計事務所によっては「異業種からの転職組も可」というところもあります。ただ、それでもまったくの異業種ではありません。金融機関などで決算書が求められる業務を行ったことのある人がより歓迎される傾向にあります。

スキル・知識

実務経験がないかわりに、知識を裏づける保有資格などを評価して採用される可能性はあります。簿記などの会計分野の関連資格が評価されますが、税理士試験に科目合格をしているとより有利です。

年齢

もう一点、年齢も条件として加味されます。条件が近い未経験者であれば、若い人が有利であることは否定できません。会計事務所の未経験者採用にチャレンジするなら、20代から30歳前後がひとつの目安になります。35歳を超えると少し厳しくなります。

不可能ということはありません。ただ、年齢があがるぶん、科目合格や簿記などといったスキル、会計業務に応用できる経験など、人材としての付加価値をつけていくことをおすすめします。

未経験者の転職後の仕事、待遇、年収は

有資格者でない場合、最初に任されるのは記帳業務や給与計算などの初歩的な業務になることが多いです。実務をこなして経験値を高めたり、税理士試験の科目に合格したりすると、任される業務の範囲や質が変わります。それに伴い、待遇もアップしていくはずです。

なお、会計事務所に未経験で入社した場合、会計事務所ごとに差異があります。未経験の正社員は月給20~23万円、年収300万円程度でスタートすることが多いです。昇給のしかたも会計事務所ごとに違いますが、中には税理士試験合格後に年収で100万円単位で昇給するところもあります。

<ココまでのまとめ>

・未経験からでも会計事務所への転職はできる
・実務経験がない場合は、税理士試験の科目合格や簿記などの資格でカバー。
・未経験からチャレンジするなら、20代~30歳前後がひとつの目安。

無料マイナビ税理士に登録
未経験の転職で不安を感じたらご相談ください

未経験でも会計事務所に向いているタイプ

会計事務所に転職するなら「会計業務に向いているかどうか」も重要です。税務・会計の業務は、税法や会計基準にしたがって、正確に処理しなければなりません。そのため、細かい確認作業が苦にならないことが重要です。ただ、これ以外にも次のような要素が求められます。

素直な人

未経験ということは「税務や会計の業務については一から身につける」ということです。知識はもちろんのこと、業務の流れや確認作業、最終的な責任者の確認にいたるまで、すべて誰かに教えてもらわなくてはなりません。そして、この業務フローは会計事務所ごとに異なります。そのため、勤務先のやり方に慣れなくてはなりません。

ここで大事なのは「素直さ」です。まずは上司や先輩から教えられたことを素直に聞き、言われたことを忠実にこなす姿勢が求められます。また、二度も三度も同じことを質問しないよう、メモをとるなどの工夫も大事です。

勉強熱心な人

会計業務では、税務・会計の専門知識、税制や通達の改正などを身につけておくことが当然求められます。そのため、常に勉強していなくてはなりません。事務所内の研修を受ける他、自ら国税庁のWEBサイトをチェックする、メールマガジンや業界誌に目を通すといった姿勢が求められます。

この他、新規案件にチャレンジしたい人も歓迎される傾向にあります。組織再編や事業承継といった難易度の高い業務に積極的にかかわり、知識を磨くことに熱心なタイプは会計事務所からも大事な戦力として重宝されます。

礼儀正しい人

会計事務所の業務は、専門知識が求められる一方、人と接する業務でもあります。顧問先とのかかわりだけでなく、税務署や他の行政機関と連絡や協議を行わなくてはなりません。このとき、礼儀やマナーを守って相手と接しないと、思わぬトラブルやクレームにつながりかねません。相手の立場や気持ちを尊重しつつ、言葉を選んでコミュニケーションをとる姿勢が必要です。

秘密を守れる人

会計事務所で扱うのは顧問先の個人情報や企業秘密です。財産や所得の額、取引先といった重要な情報を扱います。知人友人やSNSはもちろんのこと、家族にも情報を漏らすことは許されません。そのため、業務の中で得た秘密を守ることが求められます。また、業務に使うITツールのセキュリティもきちんと行い、流出しないよう管理する姿勢も重要です。

チームワークを大事にする人

会計事務所での仕事は、1人のスタッフがいくつかの顧問先を担当することが一般的です。ただ、組織再編や事業承継といった難しい業務では、チームで当たることもあります。また、日常業務でも、クライアントの相談を受けるのであれば、個人の判断ではなく、資格者である先輩や上司に相談することも必要です。こういったことから、他人と密にコミュニケーションを取り、ていねいに業務を進めていく能力も重要となります。

会計事務所に転職する人の傾向

会計事務所に転職するのは、税理士、会計士をめざす方、経理の仕事を経験して会計に興味をもった方など、いずれも税務・会計の分野でキャリアを積みたいという方が中心です。営業職などほかの職種があわないと感じ、自分に適性がありそうな仕事として会計事務所への転職を考える方も少なくありません。

きっかけはさまざまですが、専門知識を活かした堅実なキャリア形成を求めて、会計事務所に転職する方が多いようです。

<ココまでのまとめ>

・会計事務所に向いているのは、細かさ以外にも素直さや勉強への熱意なども求められる
・会計事務所への転職は、会計の仕事が好きで、専門知識を活かした働き方をめざす傾向

無料マイナビ税理士に登録する
会計事務所の情報をたくさんお伝えいたします

会計の仕事をめざす方におすすめの転職先、採用されるコツ

会計の仕事をめざす方へのおすすめの転職先

(1)大手企業の案件に携わりたい

「BIG4」と呼ばれる税理士法人の大手4社は、上場企業、外資系などの大手企業を中心に、会計や監査、税務やコンサルティングなどのサービスを展開しています。この他、BIG4ではない中堅から大手の税理士法人でも、組織再編や国際税務、M&AやIPOといった事案を扱うことが少なくありません。クライアントの体制が整っているため、記帳代行よりも決算や税務申告といった専門業務やコンサル業務が中心になります。また、国際税務や組織再編など、小規模の会計事務所では扱う機会が少ない、高度な税務業務に携わることもあります。

(2)特定分野の専門家になりたい

業界最大手であるBIG4のほかにも、スタッフ数名から数百名規模の中堅~大手の会計事務所・税理士法人があります。BIG4以外の会計事務所の中で最近目立つのが、特化型の会計事務所です。相続税・贈与税を専門とするところもあれば、不動産賃貸に強い会計事務所、事業承継やM&Aを業務の中心とする会計事務所、税務調査だけを請け負う会計事務所などがあります。

「資産税に強い税理士になりたい」「事業承継なら誰にも負けない会計事務所を作りたい」と考えるなら、こういった会計事務所に転職するのがお勧めです。業務の進め方だけでなく、他士業との連携や営業方法、経営のコツなどをつかむことができます。

(3)一通りの業務を担える税理士として独立したい

個人会計事務所や小規模の税理士法人は、中小・零細企業や個人事業主などの小規模のクライアントが中心です。記帳代行や給与計算、年末調整や決算だけでなく、関与先の相続問題や事業承継などの問題にもかかわります。最近だと、中小企業のM&Aといった事案もあります。こういった会計事務所で働くと、一通りの会計業務を身につけられるため、独立した後もさまざまな業務を行いやすくなります。

なお、個人の会計事務所や小規模の税理士法人は、未経験者採用のハードルが大手ほど高くありません。中には、「人手不足でなかなか新人が来ない」といった会計事務所もあります。熱意や姿勢次第では、資格がなくても採用されることもあるかもしれません。反面、所長の個性や事務所の特色が色濃く出るため、税理士試験の勉強時間の確保は面接の際にきちんと確認しておくことが必要です。

転職先別、採用されるのはこんな人

(1)BIG4税理士法人、中堅~大手の税理士法人

BIG4税理士法人は、未経験者採用の実績はあってもごく少数です。かなりハードルが高く、高学歴、3科目以上の科目合格英語力などの条件をクリアし、20代であれば、可能性があります。

(2)専門分野特化型の会計事務所

専門特化型の会計事務所は、その特化した専門分野に関連する合格科目があったほうが好まれます。相続専門型なら相続税や所得税、事業承継やM&A特化型なら、相続税と法人税、所得税といった科目に合格していることが望ましいです。この他、関連する業種での経験があると採用される可能性が高くなります。

(3)個人の会計事務所、小規模の税理士法人

未経験者にとって、もっともハードルが低いのが個人会計事務所です。知名度が低く、応募者が多くないことから、未経験者も採用されるチャンスが多いです。大手と違って人材採用の規定やノウハウが少ないため、面接など人物重視の選考になる傾向があり、熱意や人柄が評価されやすいという特徴もあります。

<ココまでのまとめ>

・会計事務所や税理士法人によって、経験できる仕事やキャリアの方向性が変わる。
・未経験からスタートしやすいのは個人会計事務所だが、BIG4や大手、中堅にもチャンスはある。

無料マイナビ税理士に申し込む
あなたの希望に沿った転職先を探します

まとめ

会計事務所は税務や会計のスペシャリストが集まる職場です。実務経験がないと難しいと思いがちですが、実は未経験者でもチャンスはあります。知識も実務経験もない、まったくの未経験からの転職は、もちろん有利ではありません。

知識の裏づけとなる資格を取得するなど、未経験からでも会計事務所への転職を成功させる方法はあります。税理士をめざす方、税務・会計分野でキャリアアップをしたい方は、転職を有利に進めるための情報収集に、マイナビ税理士を活用しましょう。

無料マイナビ税理士に申し込む
まずはキャリアアドバイザーに相談しよう

未経験でも会計事務所に転職できるの?一人で抱える前に転職支援のプロにご相談ください。マイナビ税理士に登録する。 未経験でも会計事務所に転職できるの?一人で抱える前に転職支援のプロにご相談ください。マイナビ税理士に登録する。

マイナビ税理士を利用して
転職された方の

  • 転職された方の声
    進路について適切なアドバイスをしてもらえました!
    自分の進路について明確な答えが出せていなかったものの、どの業種に進んだら良いかなど適切にアドバイスをしてもらえました。どういったキャリアを積んでいけばより市場価値を高められるのか、候補の会社がどう違うのかを具体的に説明していただけました。(30代/税理士)
  • 転職された方の声
    求人の提案力と面接のフィードバックが良かった!
    タイムリーな求人の紹介とフィードバックの提供が良かったです。面接前の情報提供では、自分のアピールしたい強みが、面接先企業のどこに符号しており、今後の展開をどう捉えているかの思考の整理をする際に役立ち、安心して面接を迎えることが出来ました。(30代/税理士)

マイナビ税理士とは?

マイナビ税理士は税理士として働く「あなたの可能性」を広げるサポートをいたします。

マイナビ税理士は、可能性を広げるサポートをいたします

特集コンテンツ

税理士の志望動機・面接対策
面接のマナーを押さえ、あなたの強みを引き出す面接対策方法をご紹介
会計事務所
税理士法人
コンサルティングファーム
はじめての転職
転職への不安を抱えた方々に向けて転職のサポートを行なっています。
税理士の転職時期
転職活動の時期や準備時期、スケジュールなどをお伝えします。
履歴書、職務経歴書の書き方
人事担当者から見て魅力的な職務経歴書を書く方法をご説明します。
女性税理士の転職
女性税理士の転職事情や成功するための秘策をご紹介します。
実務未経験の転職
実務未経験の税理士試験合格者の転職成功ガイドをご紹介します。

カテゴリから記事を探す

特集コンテンツ

税理士の志望動機・面接対策
面接のマナーを押さえ、あなたの強みを引き出す面接対策方法をご紹介
会計事務所
税理士法人
コンサルティングファーム
はじめての転職
転職への不安を抱えた方々に向けて転職のサポートを行なっています。
税理士の転職時期
転職活動の時期や準備時期、スケジュールなどをお伝えします。
履歴書、職務経歴書の書き方
人事担当者から見て魅力的な職務経歴書を書く方法をご説明します。
女性税理士の転職
女性税理士の転職事情や成功するための秘策をご紹介します。
実務未経験の転職
実務未経験の税理士試験合格者の転職成功ガイドをご紹介します。

カテゴリから記事を探す

税理士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

無料で転職支援のプロに相談する

マイナビ税理士公式アカウント

人気コンテンツ

特集コンテンツ

税理士の志望動機・面接対策
面接のマナーを押さえ、あなたの強みを引き出す面接対策方法をご紹介
会計事務所
税理士法人
コンサルティングファーム
はじめての転職
転職への不安を抱えた方々に向けて転職のサポートを行なっています。
税理士の転職時期
転職活動の時期や準備時期、スケジュールなどをお伝えします。
履歴書、職務経歴書の書き方
人事担当者から見て魅力的な職務経歴書を書く方法をご説明します。
女性税理士の転職
女性税理士の転職事情や成功するための秘策をご紹介します。
実務未経験の転職
実務未経験の税理士試験合格者の転職成功ガイドをご紹介します。

カテゴリから記事を探す

税理士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

無料で転職支援のプロに相談する

ページトップへ戻る

アクセスマップ