女性税理士の転職について女性税理士の転職について

about the worriesabout the worries

女性税理士の転職は売り手市場!高まる採用ニーズ

女性税理士、並びに科目合格者の転職は、
「より働きやすい職場を探している」「税理士事務所で実務経験を積みたい」というように、
人それぞれ状況や目的が異なります。
いずれの場合も求人ニーズは多く、また幅もありますから、
多くの選択肢の中から選ぶことが可能です。

アイコンアイコン女性税理士の
転職ポイント

point1
求人ニーズが高い女性税理士
アイコン

税理士資格を有している女性に対する求人ニーズは、数多くあります。大手の会計事務所では、女性のみを対象にしたセミナーを行うなど、採用熱の高さをうかがわせます。

なぜ、女性の求人が多いのかを考えてみると、ひとつには女性を多く採用することで「働きやすい職場」をアピールし、根強く残る「多忙で激務」という印象を払拭したいという意図からかもしれません。

また、女性は一般的に、男性ほど独立志向が強くないということもあるでしょう。「顧客を引き抜いて独立されるかも」という、会社側の心配が少ないからと見ることもできます。

point2
ブランク明けの女性税理士は、
候補事務所を見て回ろう
アイコン

会計事務所・税理士事務所は、いわゆる「大手」と呼ばれるところはごく少数です。そのほとんどは、数人〜数十人で運営している中小事務所で、扱う案件、業界などに偏りが表れやすいです。「偏り」というとネガティブに聞こえますが、それは「ウチは○○業界に強い」などの強み、個性となります。

また、中小の事務所の場合、経営者である所長の考え方が、社風や制度にも反映されやすい傾向があり、産休・育休明けの女性にとって、働きやすい職場環境を重視する事務所も多くあります。

子供をどこに預けるのか、万一のときは誰がどうするのかなど、家庭内での決め事を作っておいたとしても、そのとおりにいかないこともあります。急な早退や欠勤ということもあるでしょう。そんなとき、事務所がどう対応してくれるのか。制度が整っているかはもちろんのこと、その事務所の社風、雰囲気にもかかわってくるところです。

明るく、フレンドリーな雰囲気であれば、いざというときに周囲の手を借りやすいものですし、サポートしてくれるメンバーがいれば、もしものときに仕事が止まる心配もありません。ブランク明けの女性にとっては、安心して仕事ができる環境といえます。

ただし、こうしたことは求人票からは見えてこない部分です。ですから、転職先候補を絞り込んだら、可能な範囲で社内を見学させてもらうといいでしょう。面接のときでもかまいませんが、リラックスして社内を見て回れる機会を作れればベストです。年収や制度はもちろんですが、あなた自身が「安心して、心地良く働ける場所かどうか」ということは、ご自身の目でなければ確かめることができません。

point3
さらなるキャリアアップを目指すなら?
アイコン

今、税理士として活躍していて、さらに上を目指したい。こうした場合には、まずあなた自身が「何をやりたいか」「どんな税理士を目指すのか」を明確にしておくことが重要です。独立を目指すのかどうかも大切でしょう。それによって、何をすればいいかが変わってくるからです。

また、「今後どうなりたいか」を見極めたら、それが今の環境で実現できないかを検討してみることも大切です。

「こういう仕事をやりたい」と転職に動き出し、転職エージェントともあれこれ相談したものの、実は現在の社内でそれが実現できてしまい、転職の必要がなくなった…。こうしたことは実際にあります。転職せずに希望が叶うなら、それに越したことはありません。転職に目を向けるまえに、まずは社内で相談するなり、関連部署で話を聞いてみるなりしてからがいいでしょう。

実のところ、私たち転職エージェントの側から見ると、転職を希望される女性税理士からのご相談の機会は、あまりありません。先ほど述べたとおり、求人ニーズは高いので、少しでも転職に興味のある方は、ぜひご相談ください。

point4
数だけでなく幅も広い、
中小の事務所
アイコン

一方、科目合格者で、まだ税理士資格は持っていないという女性からは、非常に多くの相談が寄せられます。「全科目合格を目指して勉強したいので、通いやすく働きやすい事務所に移りたい」というケースや、「いくつかの科目合格はしたけれども、実務経験がないので、事務所で経験を積みたい」というケースです。

いずれの場合であっても、選択肢はかなりありますので心配はいらないでしょう。ことに中小の事務所は狙い目かもしれません。

前述したとおり、中小規模の事務所の雰囲気や制度は、所長のスタイルや意向が反映されやすいものです。そのため、資格取得を助けるための制度が用意されていたりもします。そうした意味で「数は多いが、幅も広い」といえるのが、中小事務所の特徴です。

科目合格者の場合、資格取得を目指すのであれば、そのための環境を最優先するべきです。そうでないと、「資格も取れず、時間ばかりを無駄にした」ということにもなりかねませんので、十分注意が必要でしょう。

point5
税理士事務所から一般企業への
転職も
アイコン

税理士事務所に勤める科目合格者の女性が、一般企業に転職するとなると、ほとんどの場合、経理への転職となります。これは、すべての科目合格取得をあきらめる、つまり税理士になること自体をあきらめることといえるでしょう。

全科目合格を目指して税理士事務所に勤めてはみたものの、日々の業務の忙しさにかまけて勉強が進まず、試験にもなかなか通らないままに時間ばかりが過ぎていく…。そんな状態がこの先も続くのであれば、思い切って一般企業の経理などに転職したほうが、その先の展望も開けるでしょう。決断するならば早いほうがいい、という判断もあります。

一般企業であれば、科目合格者でも、税理士の資格を持っている方でも、資格の有無によって、年収などの条件に大きな差が生まれることはほとんどありません。むしろ、これまでの経験と知識を活かした仕事もできるでしょう。

point6
あなた自身の条件を見極め、
転職エージェントに相談を
アイコン

大手も中小も、業界のイメージアップや安定した働き手がほしいという意図から、女性の税理士あるいは科目合格者を求めています。

一方で、求職側が転職先に求める条件は人によってさまざまです。「資格試験のための時間がとれる職場がいい」「特定業務に特化した事務所に行きたい」「育休明けなので、年収よりも残業のないところがいい」などなど。

ですが、中小規模の事務所であれば、絶対数が多く、それぞれ個性的です。あなたの希望に合致した転職先は、きっと見つかるでしょう。

まずは、あなた自身がどうしたいのか、どのような条件が必要なのかをはっきりとさせ、その上で私たち転職エージェントにご相談ください。最適なマッチングのお手伝いをいたします。

自分に合う職場をキャリアアドバイザーに相談してみる
about the worries

女性税理士の仕事の悩みを解決します。

お任せくださいお任せください

はじめての転職は何から始めていいのかわからないものですよね。
マイナビ税理士では初めて転職をするあなたと一緒に転職活動をサポートしていきます。

マイナビ税理士で転職活動をする3

マッチング
あなたの希望に
合わせた
企業とマッチ
非公開情報
多数の
非公開情報で
有利に
強みを引き出す
強みを
引き出し
より良い条件で
自分に合う職場をキャリアアドバイザーに相談してみる

女性税理士が
活躍できる
求人を
ご紹介します!

introduce

活躍されている女性税理士の声

voice
voice1
PwC税理士法人木野様
+ VIEW MORE

lineline01

voice1
EY税理士法人渡邉様
+ VIEW MORE

lineline02

voice1
税理士法人 平成会計社村田様
+ VIEW MORE

lineline03

自分に合う職場をキャリアアドバイザーに相談してみる
税理士の転職・求人・募集|マイナビ 税理士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ

1分で完了!無料転職サポートに登録する