アイコン

他のオススメ記事はこちらをタップ!

アイコン

こんにちは。マイナビ税理士の記事をご覧いただき、ありがとうございます。

アイコン

あなたにおすすめの記事をご紹介いたします。

SUCCESS CASE

【平成30年度税理士試験結果速報】合格者数が初の5000人割れ!昨年比約2000人の減少|平成30年度税理士試験合格発表後の考察

更新日:
【平成30年度税理士試験結果速報】合格者数が初の5000人割れ!昨年比約2000人の減少|平成30年度税理士試験合格発表の考察

本日、12月14日(金)9:30より国税庁HPにて税理士試験の結果が発表されました。
合格された皆様、本当におめでとうございます。

今年の税理士試験結果に関する特徴と考察をご紹介します。
ずばり今年は、
・合格者数が初の5000人を割る4716人
・固定資産税の合格率の増加
・財務諸表論の受験者数の大幅減少
の3点に特徴が見られました。
それでは順番に見ていきましょう。

受験者数、合計合格者数(一部科目合格者数も含む)の推移

受験者数、合計合格者数(一部科目合格者数も含む)の推移

昨年比で合格者数が約2000人の減少!!

平成30年度の税理士試験受験者数、合格者数、合格率は下記の通りです。

受験者数:30,850人(延べ42,063人)
合格者数:4,716人(官報合格者数:672人、一部科目合格者数:4,044人)
合格率:15.3%

※合格者数は、「官報合格者数」+「一部科目合格者数」の合算となります。

今年の受験者数は30,850人と29年度と比較して約3500人の減少となりました。
なお受験者数に関しては年々減少の一途をたどっています。

合格者数は4,716人で過去最低の合格者数でした。
減少傾向であった合格者数も昨年、平成29年度の6634人の合格者数で昨年比約1000人の増加で話題でしたが、今年は昨年度分の調整があったためか、約2000人の大幅な減少でした。

科目別の受験者数・合計合格者数(一部科目合格者数も含む)・合格率

科目別の受験者数・合計合格者数(一部科目合格者数も含む)・合格率

固定資産税が14.9%の合格率で最高、消費税法の10.6%が最低

科目別の受験者数、合格者数、合格率は上記の図のとおりです。

なんと言っても今年は財務諸表論が13.4%の合格率で昨年平成29年度の29.6%と比較して16%の大幅な下落となりました。
過去の推移を見ると
平成28年度:15.3%
平成27年度:15.6%
平成26年度:18.4%
平成25年度:22.4%
と例年と比較しても低い合格率となりました。
受験者数も10,000人を割り、8,817人まで減少しました。

また、今年は昨年と比較して多くの科目で合格率の減少が見られました。
対して合格率が増加した科目は固定資産税の14.9%で、昨年と比較して1.6%の増加となりました。受験者数に関しても昨年よりも微増しています。

以下が各科目別の合格数、合格率の一覧です。

科目 受験者数(延人数) 合格者数(実人員) 30年度合格率 29年度合格率
簿記論 11,941人 1,770人 14.8% 14.2%
財務諸表論 8,817人 1,179人 13.4% 29.6%
所得税法 1,704人 209人 12.3% 13.0%
法人税法 4,681人 542人 11.6% 12.1%
相続税法 3,089人 363人 11.8% 12.1%
消費税法 7,859人 833人 10.6% 13.3%
酒税法 546人 70人 12.8% 12.2%
国税徴収法 1,703人 182人 10.7% 11.6%
住民税 460人 62人 13.5% 14.3%
事業税 418人 46人 11.0% 11.9%
固定資産税 845人 126人 14.9% 13.3%
合計(延人員) 42,063人 5,382人 12.8% 17.0%

関連記事
→試験科目概要と一覧

年齢別の合計合格者数(一部科目合格者数も含む)、合格率

年齢別の合計合格者数(一部科目合格者数も含む)、合格率

年齢別に合格者数を見てみますと、41歳以上の受験者数は昨年よりも11人増加の11,309人でした。
その他の年代については減少傾向が見られました。今後もこうした動きが続いていくことが予想されます。

そのほか、合格率に関しては31歳から35歳の合格率も過去最低の16.8%となりました。
また、各年代全てで合格率の減少が見られました。

次に年代別の一覧表を記載します。

例年通り25歳以下の合格率が最高の27.0%!

年齢 受験者数(実人員) 官報合格者数
(実人員)
科目合格者数
(実人員)
合格率
(官報合格+科目合格)
41歳以上 11,309人 247人 882人 10.0%
36から40歳 5,268人 142人 612人 14.3%
31から35歳 5,716人 133人 829人 16.8%
26から30歳 4,900人 99人 786人 18.1%
25歳以下 3,657人 51人 935人 27.0%
合計(延人員) 30,850人 672人 4,044人 15.3%

年代別の受験者数をみると、26歳から30歳が4900人と昨年と比較して約700人の減少が見られました。
25歳以下の合格率は例年同様に20%後半をキープする結果となりました。

学歴別の合計合格者数(一部科目合格者数も含む)、合格率

学歴別の合計合格者数(一部科目合格者数も含む)、合格率

学歴別の合格率の推移を見てみると、昨年以外の過去の推移と同様の傾向が見られています。
特に大学卒の合格率が25年度までで過去最低の14.7%を記録しました。

大学在学中の21.4%で最高の合格率!

学歴別の合格者数と合格率の一覧表を下にまとめました。

年齢 受験者数(実人員) 官報合格者数
(実人員)
科目合格者数
(実人員)
合格率
(官報合格+科目合格)
大学卒 23,240人 535人 2,874人 14.7%
大学在学中 966人 1人 206人 21.4%
短大・旧専卒 906人 16人 71人 9.6%
専門学校卒 2,906人 66人 374人 15.1%
高校・旧中卒 2,381人 46人 381人 17.9%
その他 451人 8人 138人 32.4%

学歴別の一覧表を見るとやはり、大学在学中の合格率が21.4%と最高の合格率でした。
年代別でも25歳以下が最も高い合格率となっております。
大学在学中がやはり、勉強時間と環境の確保ができるという点でこうした結果となっていることが予想されます。。

男女別の合計合格者数(一部科目合格者数も含む)、合格率

男女別の合計合格者数(一部科目合格者数も含む)、合格率

女性の合格率が16.1%!例年と比較しても最低の合格率に。

平成30年税理士試験の男女別の合格数、合格率は以下の通りです。

・官報合格者:(男性:501人、女性:171人)【女性比率:25.4%】
・一部科目合格者:(男性:2,960人、女性:1,084人)【女性比率:26.8%】
・合格者合計:(男性:3,461人、女性:1255人)【女性比率:26.6%】

平成25年税理士試験からの男女別合格数、合格率の推移を下の表にまとめました。

参考:平成30年度(第68回)税理士試験結果(国税庁)

30年度 29年度 28年度 27年度 26年度
男性の合格者数 3,461人 4,762人 4,121人 4,999人 5,025人
女性の合格者数 1,255人 1,872人 1,517人 1,903人 1,884人
男性の合格率 14.9% 19.2% 15.4% 17.4% 16.2%
女性の合格率 16.1% 22.9% 17.2% 20.2% 18.7%

毎年女性の合格者数は減少傾向にあり、女性の合格率は上昇傾向にありますが、例年と比較しても異例で合格率の低下も見られました。
しかし、税理士業界全体が売り手市場にあり、女性の働き方の制度の見直しをする企業が増えたことで、女性の活躍するフィールドが増えています。

関連記事
→税理士の女性の転職

男性の合格者数、合格率についても過去最低の3,461人、14.9%と低い合格率となりました。

今年の税理士試験合格発表を終えて

いかがでしたでしょうか。
本年の税理士試験は全体的に受験者数の減少に伴って、合格者数、合格率も減少した試験結果になりました。
税理士試験科目免除者数の増加も今回の試験結果の一因となっているのではないでしょうか。

また、働きながら税理士を目指す方が増えてきているのも科目免除のニーズが増えてきている要員ではないかと考えます。
今日の結果を踏まえて今後の試験の計画やキャリアについても改めて考えることがあると思います。

国税庁HPページには2020年の東京五輪の開催年の税理士試験(平成32年度)の日程予定についても公表されています。
2年後ではありますが、計画的に税理士試験にチャレンジされる方におかれましてはこちらの情報もキャッチアップしていただければと思います。

関連記事
→税理士試験合格発表後の流れ

→税理士試験概要

転職・就職を考えている方は年内の今が狙い目

今年も税理士業界は売り手市場で、各社の採用活動が活発に行われております。
税理士試験合格発表を終えて、新たに科目合格し新しい環境で働きたい方、今回惜しくも科目合格に一歩届かず、より勉強ができる環境で働きたい方、めでたく官報合格を果たし、税理士としてのキャリアを新たなフィールドで望みたいと考えている方等様々な思いがあるかと思います。
どちらもすぐに動き出す前に、慎重に考え、計画的に転職活動を進めることが大切です。

マイナビ税理士では税理士試験合格発表後にご転職をお考えの皆様に個別の無料キャリア相談会を行っております。
税理士専任のキャリアアドバイザーと直接お会いいただき、転職に関するお悩みを相談いただくことができます。
今すぐ転職をお考えでなくても、こんなこと聞いて大丈夫かなと思うことでもお気軽にご相談ください。 あなたのキャリアに関するお悩みが少しでも解決できるようにサポート致します。

マイナビ税理士の転職支援サービスはサービスのお申込みからご入社されるまで、ご登録される転職希望の皆様に一切費用はかかりません。
どうぞお気軽にお申し込みください。

お申込みはこちらからお願いします
→個別キャリア相談会のお申込み(無料)

関連記事
→税理士試験受験者向け転職相談会

→はじめての転職・就職の方へ

参考:平成30年度(第68回)税理士試験結果(国税庁)

マイナビ税理士編集部

監修

マイナビ税理士編集部

マイナビ税理士は、税理士・税理士科目合格者の方の転職サポートを行なう転職エージェント。業界専門のキャリアアドバイザーが最適なキャリアプランをご提案いたします。Webサイト・SNSでは、税理士・税理士科目合格者の転職に役立つ記情報を発信しています。

    
関連記事一覧
税理士の転職Q&A
税理士の方の疑問や悩み、不安を解消します。
【20代】税理士科目合格者 【30代】税理士科目合格者 【20代】税理士 【30代】税理士 税理士業界全般
税理士の転職事例
マイナビ税理士の転職成功者の方々の事例をご紹介します。
一般事業会社 会計事務所・税理士法人 コンサルティングファーム 税理士・科目合格者の転職成功事例 税理士・科目合格者が転職で失敗する4つの原因
税理士の志望動機・面接対策
面接のマナーを押さえ、あなたの強みを引き出す面接対策方法をご紹介
会計事務所 税理士法人 コンサルティングファーム
はじめての転職
転職への不安を抱えた方々に向けて転職のサポートを行なっています。
税理士の転職時期
転職活動の時期や準備時期、スケジュールなどをお伝えします。
履歴書、職務経歴書の書き方
人事担当者から見て魅力的な職務経歴書を書く方法をご説明します。
女性税理士の転職
女性税理士の転職事情や成功するための秘策をご紹介します。
実務未経験の転職
実務未経験の税理士試験合格者の転職成功ガイドをご紹介します。

転職お役立ち情報ページ|税理士の転職・求人・募集ならマイナビ税理士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

無料転職支援サービス申込み

ページトップへ戻る

公式
アカウント

アクセスマップ