働きながらでも仕事と勉強を両立して税理士試験の合格をめざそう

更新日:
働きながらでも仕事と勉強を両立して税理士試験の合格をめざそう

税理士試験は超難関の国家資格といわれています。自由時間の制約を受ける社会人が働きながら勉強するのは大変です。しかし、就職してから受験試験を始めて、合格している税理士はたくさんいます。彼らはどのように超難関試験を突破したのでしょうか? そこで、働きながら税理士試験に合格するポイントを紹介します。

働きながら税理士試験の合格を目指すためのポイント

税理士試験の合格ラインは各受験科目60点以上ですが、受験者数や出題した問題の難易度などに関係なく合格率は毎年ほぼ一定であるため、競争受験といわれています。しかも、ライバルとなる受験生の中には、学生など受験勉強に専念できる環境の人が含まれています。その中で働きながら税理士試験の合格を目指すためのポイントを紹介します。

そもそも働きながら税理士試験に合格できるのか

税理士試験の制度により、働きながらでも合格することは可能です。実際に働きながら合格して、第一線で活躍している税理士は数多くいます。まずは税理士試験の制度を見ていきましょう。

税理士試験の制度

税理士試験は科目選択制度を採用し、全11科目から5科目自由に選択できます。さらに、一度に全ての試験に合格する必要はなく、一度合格した科目は永久に有効となる科目合格制度を採用しています。税理士試験に合格するには、5科目合格することが必要になっています。そのため、それぞれのライフプランに合わせて税理士試験合格のための受験スケジュールを自由に設定することが可能です。

受験科目は全部で11科目あり、会計科目と税法科目に区分できます。

・会計科目
受験科目は簿記論と財務諸表論の2科目です。いずれも必須科目となります。

・税法科目
受験科目は選択必須科目と選択科目に細分化できます。

イ、選択必須科目
所得税法と法人税法、いずれかの受験科目を合格しなければなりません。

ロ、選択科目
・相続税法
・国税徴収法
・固定資産税
・消費税法または酒税法(いずれかしか選択できません)
・住民税または事業税(いずれかしか選択できません)

各受験科目によってボリューム・難易度・内容が異なるのが特徴です。得意科目を選択するなど上手に受験科目を組み合わせることが、働きながらでも効率よく学習して合格するポイントといえます。

各受験科目の標準勉強時間

働きながらでも効率よく学習するためには、各受験科目の標準勉強時間を知ることが鍵となります。各受験科目のボリュームの尺度となるからです。

・簿記論:400時間
・財務諸表論:450時間
・所得税法:600時間
・法人税法:600時間
・相続税法:400時間
・国税徴収法:150時間
・固定資産税:200時間
・消費税法:300時間
・酒税法:150時間
・住民税:200時間
・事業税:200時間

以上のように、税法科目の選択必須科目である所得税法と法人税法の標準勉強時間が多いです。

各受験科目の合格率

税理士試験に効率よく合格するためには、合格率を把握して損することはありません。合格率の高い受験科目から順に紹介します。平成21年から平成25年までの5年間の各受験科目を「合格者総数÷総受験者数」で算出しています。

1位:財務諸表論16.0%
2位:住民税15.6%
3位:事業税13.68%
4位:所得税法13.67%
5位:相続税法12.63%
6位:国税徴収法12.32%
7位:消費税法12.2%
8位:法人税法12.07%
9位:簿記論11.82%
10位:酒税法11.57%
11位:固定資産税11.23%

以上のように最高でも財務諸表論の16.0%であり、各受験科目の合格率は低いです。5科目合格して税理士試験の関門を突破するのは難しいということが分かります。

税理士試験の平均合格年数

基本的に税理士試験の勉強に専念できる人のほうが平均合格年数は短い傾向にあります。しかし、働きながら勉強しても短期間で合格するケースはあります。要するに実際の合格年数は本人次第といえます。そこで、大手専門学校の税理士試験のカリキュラムと働きながら受験するのかどうかの違いによる平均合格年数の目安を見ていきましょう。

働かない場合の平均合格年数

大手専門学校では、1年間で2、3科目の合格をねらうカリキュラムとなっているため、毎年順調に受験科目に合格すれば2〜3年間で税理士試験を突破できます。しかし、受験科目の合格率は低いため、平均合格年数は大手専門学校のカリキュラムより数年延びることが考えられます。

働きながらの平均合格年数

働きながら税理士試験の勉強をする場合、大手専門学校は、1年間で一つの受験科目の合格をめざすカリキュラムとなっている傾向にあります。そのため、就職して勉強を開始した場合、順調に1年間で一つずつ受験科目に合格すれば、5年間で税理士試験を突破できます。しかし、普通は1つの受験科目の合格に複数年かかります。大手専門学校のカリキュラムよりも平均合格年数は数年延びることが考えられます。

各受験科目の標準勉強時間、合格率、平均合格年を加味し、働きながら税理士試験に合格するための戦略を練りましょう。

働きながら税理士試験の合格をめざす場合のメリット・デメリット

働きながら税理士試験の合格をめざすことは、一見すると勉強時間が確保しづらいなどデメリットが多いと思われがちです。しかし、就職してから受験勉強を開始して合格した税理士はたくさん存在します。そこで、働きながら税理士試験の受験勉強をするメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

・会計事務所での実務経験が受験勉強に役立つ

税理士試験は税金に対しての実務能力を問う試験です。そのため、最近は税法の最新事例など実務色の強い問題が出題される傾向にあります。判例をベースにした問題が典型的な例です。実務経験があればその様な事例に触れる機会があるので、受験勉強に役に立つというメリットがあります。

・職歴に穴が開かない

学校を卒業してから受験勉強に専念すると、無職または短時間のアルバイトに従事するかのどちらになります。そのため、ブランクを空けることになり再就職するときにマイナスの要素となりかねません。しかし、正社員として仕事をしながら勉強すれば履歴書に職歴を記載でき、転職活動ではキャリアとして認められます。

デメリット

・勉強時間の確保が難しい

休日を除いて、平日の勉強時間は3〜4時間の確保が精一杯でしょう。その点では税理士試験の勉強に専念する受験生により不利といえます。

・人付き合い

会計事務所の同僚から飲みに誘われるなどで、予定していた勉強時間が取れなくなることもあるでしょう。そのようなことが続いた結果、税理士試験に対するモチベーションが下がるということも考えられます。

まとめ

税理士試験は、公認会計士試験と違って合格まで複数年かかります。しかも、各受験科目の標準勉強時間は150〜600時間です。そのため、特にモチベーションの維持が大切で、勉強仲間は貴重な存在となります。実際に働きながら勉強している仲間同士がゴールデンウィークなど連休中に合宿で税理士試験の問題集を解くことはよくある話です。

働きながら税理士試験の勉強をするのは大変です。勉強時間の確保はもちろん、モチベーションの維持も簡単ではありません。これらの課題をクリアするためのポイントは2つあります。

・暗記する項目は隙間の時間を活用する ・勉強仲間を作り、モチベーションを維持する

働きながら税理士試験に合格することはできるとはいえ、当然ながら本人の努力が必要ですので、しっかりとした意志を持って取り組んでいけると良いでしょう。

税理士の転職Q&A
税理士の方の疑問や悩み、不安を解消します。
【20代】税理士科目合格者 【30代】税理士科目合格者 【20代】税理士 【30代】税理士 税理士業界全般
税理士の転職事例
マイナビ税理士の転職成功者の方々の事例をご紹介します。
一般事業会社 会計事務所・税理士法人 コンサルティングファーム 税理士・科目合格者の転職成功事例 税理士・科目合格者が転職で失敗する4つの原因
税理士の志望動機・面接対策
面接のマナーを押さえ、あなたの強みを引き出す面接対策方法をご紹介
会計事務所 税理士法人 コンサルティングファーム
はじめての転職
転職への不安を抱えた方々に向けて転職のサポートを行なっています。
税理士の転職時期
転職活動の時期や準備時期、スケジュールなどをお伝えします。
履歴書、職務経歴書の書き方
人事担当者から見て魅力的な職務経歴書を書く方法をご説明します。
女性税理士の転職
女性税理士の転職事情や成功するための秘策をご紹介します。
実務未経験の転職
実務未経験の税理士試験合格者の転職成功ガイドをご紹介します。

転職お役立ち情報ページ|税理士の転職・求人・募集ならマイナビ税理士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

マイナビ税理士を詳しく見る

アクセスマップ