相続税法

試験科目概要について

試験科目の内容とポイント

試験科目の内容とポイント

相続税法は、所得税法や法人税法と比較すると、それほど条文数が多い科目ではありません。理論問題と計算問題のどちらも出題されますが、相続税法の計算問題には会計や簿記の知識は不要です。
しかし、代わりに民法の相続に関する知識が必要となります。とはいえ、民法のすべてではなく、家族法の中でも相続に関する部分についてのみであるため、そこまで広範な知識が必要とされるわけではありません。

一方で、事例形式の問題が出題されることが多いため、事例形式独特の問題に慣れておくことが必要です。
また、計算問題においては、税額の計算よりも、財産評価に関する部分に重点が置かれることとなります。
実際に実務で相続税を計算する場合においても、財産評価が最も重要な部分となるため、相続税法においては、財産評価が一つのキーポイントと言えます。

出題範囲の例および内容

平成28年度試験における出題範囲は以下のとおりです。

  • 相続税法に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連するほかの法令に定める関係事項を含む。

出題形式は理論問題、計算問題がそれぞれ1問で、配点は50点ずつとなっています。
解答にあたり、理論の暗記はもちろん必要となりますが、事例問題や応用問題に対応していくためには、やはり総合力が重要となります。

実務との関連性について

相続税とは、誰かが亡くなった際に、故人が所有していた財産を遺族等が相続した場合に課される税金です。生命保険の死亡保険を受け取った場合にも、相続税が課税されます。

この税金の計算方法やルールについて詳細に定めているのが相続税法です。
また、相続税法の範疇には、贈与税も含まれます。これは、相続がすでに亡くなった人から財産をもらう場合に課税される税金を定めているのに対し、贈与は現在生きている人から財産をもらう場合に課税される税金と定めており、個人が財産をもらった場合の税金として、両方がセットとして考えられているからです。

税理士の実務においては、法人税、所得税ほどではありませんが、存在感のある業務として相続関連のものがあります。特に、近年は相続税の課税ベースの引き上げにより、いままでは相続税の課税対象ではなかった層においても相続税が意識されるようになっています。
それに伴い、相続税対策としての生前贈与の件数も増加すると考えられ、税理士の活躍するフィールドが広がっています。

具体的な相続関連の業務としては、顧問先の中小企業のオーナー社長の相談に乗るケースなどがあります。
ただし、中小企業のオーナー社長の場合、事業承継を含めて総合的かつ長期的にプランニングをする必要があるため、法人税、所得税、相続税、贈与税を考慮しなければなりません。
しかし安定的な顧客企業との取引が中心となっている場合、相続税はそこまで頻繁に登場するものではありませんので、相続税に関する業務は、税理士の業務の中でもさらに専門性の高いものとなっています。

そのため、会計事務所の中には相続税に強いことを売りとして、相続税に特化してサービスを展開しているところもあります。
相続税においては税務調査が入る確率が高いといわれており、また、税務調査が入った場合はかなりの確率で追徴課税されているといわれているため、税理士の活躍する場面といえます。

具体的に相続税法が関わる職種としては、会計事務所等では資産税(相続)や事業承継といった職種があげられます。
これらは税理士の業務の中でも、非常に専門性の高いものなので、相続税法を深く学習することで、税理士として活躍する際に、資産税関連のスペシャリストとなることができます。

税理士業務以外の業務では、例えば弁護士の家事事件にて相続問題を扱う際に関連してくることとなります。
その他、金融機関における個人向け営業では中小企業のオーナーを顧客とする場合が多いため、このような職種でも遺産相続関連の提案等で相続税の知識が活かされます。そのため、相続税法の学習内容を活かし、将来的にこれらのフィールドで活躍する事が出来ます。

相続税法の合格率

相続税法 合格率
平成28年度 12.5%
平成27年度 13.4%
平成26年度 12.9%
平成25年度 11.7%
平成24年度 12.8%
平成23年度 11.6%
平成22年度 13.9%
平成21年度 14.7%
 

相続税法|非公開求人のご紹介、豊富な転職支援実績、履歴書・職務経歴書の添削サポート、面接対策など様々な転職支援を行ない、あなたの転職を成功に導きます。

税理士の転職・求人・募集|マイナビ 税理士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

1分で完了!税理士試験後のキャリアプランを相談する

マイナビ税理士を詳しく見る

アクセスマップ