簿記論

試験科目概要について

試験科目の内容とポイント

試験科目の内容とポイント

簿記論とは、企業活動により生じる取引を帳簿に記録する方法(簿記)を学ぶ学問です。簿記の目的は、取引を帳簿に記録し、数値化することにより、企業の活動や状態を明らかにすることにあります。内容としては、基本的な記帳のルールから始まり、帳簿体系や複雑な取引に関する記録方法など、非常に多岐にわたっています。

簿記論は会計の基本となる事柄であるため、税理士試験においては会計学科目として、必須科目となっています。税理士試験に挑戦する多くの人は、この簿記論から受験勉強を始めていくことが多く、受験者数も非常に多くなっています。

出題範囲の例および内容

平成28年度試験における出題範囲は以下のとおりです。

  • 複式簿記の原理、その記帳・計算および帳簿組織、商業簿記のほか工業簿記を含む。ただし、原価計算を除く。

出題内容は、例年ほぼすべてが計算問題となっています。出題形式は大問が3問出題され、試験時間は2時間です。内容としては、非常に難易度の高い問題もある半面、基本的な問題も多く出題されます。ただし、問題のボリュームが多く、本番のプレッシャーの中、時間内にすべてを終わらせるのは非常に困難です。よって、最初に問題全体の概要をつかみ、確実に得点できる問題をこなしていくことが非常に重要です。

実務との関連性について

簿記の内容とは、企業の経済活動から生じる取引をどのように帳簿に記帳するかという会計処理を中心としたものです。税理士は、その資格が表すとおり、税務に関する専門家です。では、税理士の実務に、会計処理は関わってくるのでしょうか。この疑問に対する答えとしては、税理士の実務と会計業務は密接な関係があるというものになります。

税理士は税務に関する専門家としてプロフェッショナルサービスを提供することを生業としますが、実務においては税務のみならず、税務を中心とした会計実務に幅広く携わることになります。会計の分野には、外部の利害関係者に向けた財務会計、税金計算のための税務会計という分類がありますが、税理士の実務ではこのどちらにも関係することになります。これは、法人税等の税金計算は、各企業の財務会計上の利益を出発点としているためです。

税理士の中心的なサービスの一つに法人や個人事業主の確定申告書を作成するというものがありますが、こういった業務の場合、一般的には確定申告書のみではなく会社や個人の決算業務を含めて請け負います。このように、税理士業務と企業会計は密接にかかわっているため、税理士にとって、簿記は必要不可欠な知識となります。

そのため簿記論の内容は、会計事務所等では国内税務のような基本的な職種から国際税務、組織再編・再生、IPO等のコンサルティングサービスといった職種まで、幅広く役立つ知識となります。

税理士業務以外の一般事業会社等の業務では、例えば一般事業会社における経理、財務、税務部門や財務・会計・税務コンサルタントのような職種・業種に役立ちます。簿記論の内容は会計の基本となるものなので、簿記論の学習内容を活かし、将来的にこれらのフィールドで活躍する事が出来ます。

簿記論の合格率

簿記論 合格率
平成28年度 12.6%
平成27年度 18.8%
平成26年度 13.2%
平成25年度 12.2%
平成24年度 18.8%
平成23年度 14.8%
平成22年度 12.5%
平成21年度 9.9%
 

簿記論|非公開求人のご紹介、豊富な転職支援実績、履歴書・職務経歴書の添削サポート、面接対策など様々な転職支援を行ない、あなたの転職を成功に導きます。

税理士の転職・求人・募集|マイナビ 税理士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

1分で完了!税理士試験後のキャリアプランを相談する

マイナビ税理士を詳しく見る

アクセスマップ