COLUMN

フリーランスの税理士。顧客に選ばれるためのポイントは?

更新日:

公開日:

業界トピックス
フリーランスの税理士。顧客に選ばれるためのポイントは?

働き方が多様化している現在、税理士も事務所に所属するだけではなく、さまざまな雇用形態があります。

今回は「フリーランスの税理士」に注目して、その働き方と、顧客に選ばれるためのポイントを解説します。

フリーランスの税理士とは

税理士には主に、税理士事務所に所属して働いている「会社員タイプの税理士」と、税理士事務所に所属せず個人で独立して働く「独立タイプの税理士」がいます。

フリーランスの税理士とは、独立タイプのことです。このタイプの働き方は、会社員タイプのように勤務日数や給料などが固定化されず、働く日数も報酬も自分で決めることになります。「顧客を自由に選ぶことができる」という点も会社員タイプとは大きな違いです。

ただ、“自由”であるぶん、“不安定”でもあります。会社が顧客を取ってきてくれるわけではないので、すべて自分で営業をかけたり、相手から連絡をしてくるように仕掛けをしたり、何でも自分から行動していかなければ仕事は生まれません。

どちらの働き方が良い悪いではなく、“向き・不向き”の要素が強く影響します。

フリーランスの税理士と聞くと、何か特殊な仕事をしているイメージもありますが、実際はそうではありません。税理士事務所と同様に、確定申告や税務相談などを行っています。

また、会社の経理部門の仕事を担うこともあります。大企業の場合は経理部門をつくっていることがほとんどですが、中小企業の場合は経理部門をつくるコストをカットして、フリーランスの税理士に任せることもあります。

1人で何社もの経理部門の仕事を請け負うことで、税理士事務所で働いている税理士よりも稼いでいる人もいます。仕事量は多いのでハードですが、「やったぶんだけ自分に返ってくる」と実感できるのが魅力といえるでしょう。

<ココまでのまとめ>

・税理士事務所に所属せず、独立して働いているのがフリーランスの税理士。
・企業の経理部門の仕事の請負など、さまざまな業務がある。

税理士にはそれぞれ“個性”がある

フリーランスの税理士には「営業力」と「コミュニケーション力」が不可欠です。

営業力といっても、ただ愛想よくコミュニケーションを取ればよいわけではなく、「税理士としての自分の魅力」をわかりやすく、的確に相手に伝える必要があります。そのときに「とにかく安い」だけでは価格競争に巻き込まれて、いくら働いても稼げず、独立して仕事を続けることはできません。

大切なのは、税理士としての“個性”であり、ほかの税理士と“差別化できるポイント”です。

たとえば、中小企業が顧客の場合は税理士が付き合うのは経営者のケースが多いので、「経営に悩んでいる社長の相談に乗れる税理士」は重宝される可能性があります。この路線でいく場合は、「経営コンサルティング、相談に強い税理士」という個性を出して営業をする必要があります。

さらに具体的に「金融機関との上手な付き合い方」、「会社に現金を残すための節税対策」、「在庫の調整法」など、過去の実例をもとにしてアピールすれば、強いフックになるかもしれません。

税理士の個性は経営コンサルティングだけでなく、相続に強い、資金調達に強いなど、さまざまなものがあるので、自分の強みを冷静に分析して、相手に伝わるように上手に打ち出すようにしたいところですね。

たとえ最初から仕事を受けることが難しくても、「税務の無料相談」などを行って、そこで経営者と接触を図りながら、自分の強みを伝えるという方法もあります。

<ココまでのまとめ>

・フリーランスの税理士には営業力、コミュニケーション力が不可欠。
・営業をかけるためには、自分の個性、強みを分析して、上手に伝える方法を考える。

“相性”も大切

フリーランスの税理士にとって“個性”や“強み”は大切ですが、それと同じぐらい“顧客との相性”も大切です。

というのも、フリーランスの税理士は会社員タイプの税理士と違って、すべて1人で業務を行うため、クライアントの担当者と価値観や考え方が合わないと、お金にはなっても精神的に辛い仕事になりかねません。

税理士事務所であれば、それは担当税理士の変更で対応できますが、フリーランスの税理士はそうはいきません。それに加えて、フリーランスの税理士は自分の身体ひとつが資本なので、精神的ストレスで健康を害してしまったら、ほかの関係性の良好なクライアントの仕事も満足にできなくなってしまいます。

クライアントも、最初に依頼するか決めるまでの間にフリーランスの税理士との相性をチェックしています。業務レベルだけでなく、人柄や清潔感、行動などをつぶさに確認したうえで依頼をしています。

クライアントと税理士のよくあるトラブルも、「メールの返信が遅い」、「態度が横柄だった」など、人柄に関する部分が少なくありません。しかし、これも明確な基準があるわけではなく、社会通念上の常識の範囲で差はあり、ある意味、相性でもあります。メールの返信が遅いか、態度が横柄かは、相手によって感じ方は異なるものでしょう。

せっかく独立して自由に働ける立場を手に入れたフリーランスの税理士であれば、無理に相手に合わせることなく、気持ちよく働ける相手を探す、という気持ちで取り組んでみてもよいかもしれませんね。

<ココまでのまとめ>

・フリーランスの税理士は担当者と相性が悪くても、担当を変更できない。
・無理をすると健康を害する可能性があるので、気持ちよく働ける相手を探す。

~マイナビ税理士 公式LINE@のご案内~

【税理士・科目合格者限定】友だち追加で、会計士のキャリアに役立つコラムや"厳選求人"をいち早くお届け!

友だち追加
税理士業界コラム 一覧へ

無料転職支援サービス申込み

ページトップへ戻る

アクセスマップ