COLUMN

税理士が会計事務所から一般企業の「経理」への転職――注意点は?

更新日:

公開日:

転職ノウハウ
税理士が会計事務所から一般企業の「経理」への転職――注意点は?

税理士の働く場所は、会計事務所、税理士法人に限らず、幅広く存在します。

その1つが、今回着目する「一般企業の経理」です。

会計事務所から一般企業の経理に転職する際は、どのようなところに注意する必要があるのでしょうか? 早速見てみましょう。

一般企業が求める「経理」とは?

一般企業が「税理士」を採用するケースは少なくありません。

具体的に見てみると、大手企業では、経理部門や税務部門で税務を専門とする場合もあります。また、中小企業やベンチャーの場合は、経理、財務など多様な業務を求められることもあります。

経理部門に税理士が転職した場合、誰もが気になる「年収」はどのような水準になるのでしょうか?

一般的には、その企業で働く社員の年収と同等のことが多いようなので、500~600万円を目安と考えておきましょう。逆にいえば、その企業の平均年収と比例するので、外資系企業など社員の年収が高いところに転職すれば、年収1千万円以上を稼ぐことも十分に可能です。

ちなみに、大手企業が募集する「経理」の求人を見てみると、「上場企業での経理経験が5年以上」など、低くないハードルが設定されています。そのため、最初から上場企業、大手企業の経理に転職するのは難しいので、まずは中小企業や上場準備企業の経理部門でキャリアを積み、そこから大手へ転職するケースが多いようです。

また、大手企業の場合、「税務部門」と「経理部門」が分かれていることがある、という点も注意が必要です。というのは、後者の経理部門に転職した場合、税務業務を求められないため、これまでの税理士としてのキャリアが生かせないこともあるからです。

何となくのイメージで、「一般企業の経理っておもしろそう」と考えて転職活動を始めると、うまくいかないことが多々あるので、事前に情報収集をしっかりしたいですね!

<ココまでのまとめ>

・大手企業は経理5年以上のキャリアを条件として設定しているケースがある。
・税務部門と経理部門が分かれている場合、税理士のキャリアを生かせないことも。

         
        
情報収集は転職エージェントにお任せ
               

税理士が経理に転職するポイント

一般企業の経理部門に転職する際、税理士が転職活動をするうえで注意しておきたいポイントにはどんなものがあるのでしょうか?

これは「一般企業が税理士に求めること」を逆算的に考えることで、明確に見えてきます。

一般企業が税理士に求めることの1つは「これまでの経験、実績(キャリア)」です。

前述のとおり、大手企業は一般企業での経理部門の経験を求められることがあります。そのため、前職の経理部門でどのような仕事をしていたのか、自分は何ができるのかを明確に伝えられるようにまとめておきましょう。

また、経理部門での業務経験がない場合でも面接を受けられるケースもあります。その際は、会計事務所での経験、実績を求められます。その際は、「たくさんの企業を担当していた」という経験よりも、「給与計算ができる」「記帳代行ができる」「申請書の作成ができる」といった社内業務に重点が置かれるようなので、その点に注意してアピールしたいところですね。

もう1つ、一般企業の場合は税務業界、会計業界と違って、「転職回数」を気にすることがあります。はっきりいえば、転職を繰り返している場合は「うちに入ってもまたすぐに辞めて、もっと条件の良いところへ転職してしまうのではないか?」と思われてしまうということです。

もし、転職回数が多い場合、目安としては20代で3回以上の転職を経験している人は、「なぜ転職を複数回したか」をポジティブに語れるように、戦略を考えて、準備をしておきましょう。

<ココまでのまとめ>

・ほかの転職活動と同様、前職での経験が評価ポイントになるので準備をしておく。
・転職回数の多さもチェックポイントになるので、ポジティブに変換を。

 

事例紹介

30代中盤の税理士Aさんは税理士事務所で20代から働いてきましたが、一般企業の経理部門に転職したいと思うようになったそうです。

その志望動機は「個人向けの業務ではなく、より難解な業務に携わりたいから」というもの。確定申告や相続の業務は肌に合わないと感じているAさんは、自分の強みは「数字や簿記が大好きなところ」で、「数枚の書類作成で完了する確定申告などの業務だけでなく、より複雑な原価計算や月次・年次決算の作成に携わりたい」と考えました。

転職活動をはじめた頃は、この本音をそのまま伝えるとネガティブに受け止められると考え、「経理部門から企業の底支えをしたいんです!」とアピールしていましたが、結果は残念ながら連戦連敗。

しばらく落ち込んだ後、Aさんは気持ちを切り替えて、本音ベースでアピールすることにしました。「確定申告業務は自分には物足りません。数字が大好きなので、より複雑な業務に携わりたいんです!」と。

おそらく以前の志望動機は、採用する側から見ると「きれいごとではないか」「本音を語っていない」と思われていたのでしょう。本音で話すようになったAさんは転職活動がうまく進むようになり、見事、一般企業の経理部門に転職することに成功しました。

これは一例にすぎませんが、経理部門に転職したいと思っている方は参考にしてみてくださいね。

<ココまでのまとめ>

・最初は本音を伝えず、建前でアピールしていたが連戦連敗だったAさん。
・本音で熱意をもって伝えるように切り替えたところ、見事内定をゲットした。

         
        
転職の成功をサポートいたします
               
   

~マイナビ税理士 公式LINE@のご案内~

【税理士・科目合格者限定】友だち追加で、会計士のキャリアに役立つコラムや"厳選求人"をいち早くお届け!

友だち追加
税理士業界コラム 一覧へ

無料転職支援サービス申込み

ページトップへ戻る

アクセスマップ