税理士の転職Q&A税理士の転職Q&Aを絞り込む

税理士・科目合格者の転職Q&A

税理士の転職Q&Aを絞り込む矢印アイコン

マイナビ税理士の魅力

マイナビ税理士には選ばれる理由があります!

選ばれる理由1

求人票だけでは
分からない情報を網羅

選ばれる理由2

業界に精通した
キャリアアドバイザー

選ばれる理由3

ワンランク上の
応募書類・面接対策

  • 税理士の最新求人情報

Q

税理士法人で税理士として働いていますが、転職を考えています。いい履歴書、職務経歴書を書くコツを教えてください。

20代 事業会社 応募書類 税理士

税理士法人で税理士として働いていますが、一般企業への転職を考えています。学生時代のアルバイトと税理士法人への就職活動以来、履歴書などを書いていません。いい履歴書、職務経歴書を書くコツを教えてください。

税理士専任キャリアアドバイザーの回答 税理士専任キャリアアドバイザーの回答

A

税理士専任キャリアアドバイザーの回答

最初にやってほしいのは、履歴書・職務経歴書の書き方の基本を復習することです。
インターネットで「履歴書 職務経歴書 書き方」などの言葉で検索すれば、基本の決まりは大体わかります。それを理解するところから始めましょう。

書き方が理解できたら、盛り込むべき情報の整理をしてください。
履歴書の場合、学歴・取得資格・趣味などの共通情報はメモにして残しておくと楽になります。
また、職務経歴書の場合、在籍年度・会社名(会社形態も正確に書きましょう)・業務内容などを整理しておきましょう。ここまでやったら、志望動機を考えてください。

転職活動において、エントリーが1社だけというのはまれなので、複数の会社を見据えて考えてみましょう。
大事にしてほしいのは「自分はその会社で何をしたいのか」「自分はその会社に対して何で貢献できるのか」の2点を明らかにすることです。
この2点がぶれなければ、いい履歴書・職務経歴書が書けるでしょう。
ただし、参考にした志望動機の使いまわしは絶対にしないでください。
採用担当者はかなり多くの履歴書・職務経歴書を見ています。明らかに使いまわしとわかるものは見抜かれてしまうので、自分の言葉で書くことを心掛けましょう。

マイナビ税理士はこれまで多数の転職サポート実績があります。ご登録いただきますと、履歴書・職務経歴書の添削もサポートさせていただきますので、何か転職活動を進める上でお困りの点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

応募書類

この質問に関連する
税理士の転職Q&A

応募書類

ここで解決できなかった悩みを
税理士専門のキャリアアドバイザーに相談したい方へ

事業会社(一般企業)

この質問に関連する
転職成功事例事業会社(一般企業)

無料転職支援サービス申込み

ページトップへ戻る

無料転職支援サービス申込み