税理士の転職・求人 トップ > 税理士業界ニュース > 2018年 > 国税庁がリーフレット「よくわかる消費税軽減税率制度」を発表
マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

国税庁がリーフレット「よくわかる消費税軽減税率制度」を発表
2018/07/18

国税庁は7月に消費税軽減税率制度を解説するリーフレット「よくわかる消費税軽減税率制度(平成30年7月)」を発表した。

消費税軽減税率制度は来年(2019年)10月1日より導入される新制度で、消費税10%アップに伴い標準税率は10%(消費税率7.8%、地方消費税率2.2%)になるが、酒類・外食を除く飲食料品や週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)は軽減税率8%(消費税率6.24%、地方消費税率1.76%)が適用されるというもの。

この制度が導入されることで日々の業務で対応を迫られる場合があることを説明している。

たとえば、事業者は軽減税率対象品目の仕入れがあるかを事前に確認し、仕入れ(経費)を税率ごとに分けて帳簿等に記載する必要がある。

申告の際も、税率ごとに区分して記帳した帳簿等に基づき消費税額を計算する、または税率ごとに区分することが困難な場合、税額計算の特例により計算することが求められる。

同リーフレットではこれらの解説に加えて、2023年10月1日から導入される適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)の概要も説明している。

編集部からの一言

国税庁は消費税軽減制度の導入に向けて情報発信を続けている。

公式サイトでは「Q&A」「軽減税率制度とは(Web-TAX-TV)※動画解説」「ご質問・ご相談」「説明会の日程」などのメニューを用意。

この制度は事業者だけが関係するものと思われるかもしれないが、じつは日々の買い物等で消費する人(つまり消費税を支払っている人)すべてに関係するものだ。

消費税アップに合わせて混乱が起きないよう、情報が行き届くようにしてもらいたい。

税理士業界ニュース バックナンバー
税理士業界ニュース 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-5524-5760 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ