税理士の転職・求人 トップ > 税理士業界ニュース > 2018年 > 財務省が2017年11月の税収を公表――対前年同月比5.3%アップ
マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

財務省が2017年11月の税収を公表――対前年同月比5.3%アップ
2018/01/10

財務省は1月5日、2017年11月の税収を発表した(資料「平 成 29 年 度 11 月 末 租 税 及 び 印 紙 収 入 、 収 入 額 調」)。
それによると、11月分の税収(一般会計分計)は7兆5,959億円で、前年の11月分:7兆2,147億円と比べて5.3%増加したことがわかった。
さらに11月分の税収の詳細を見ると、所得税は源泉分が8,592億円、申告分が5,038億円、合計1兆3,630億円で前年同月比は3.4%の増加。
法人税は3兆4,573億円で4.7%増、相続税は2,181億円で30.7%増、消費税は1兆8,918億円で7.0%増となっている。
国内企業の業績が好調のため法人税収が伸びており、17年10月の給与額も増えたことから所得税も増えている。
他にも、航空機燃料税、電源開発促進税、自動車重量税、関税、とん税の対前年同月比が伸びており、財務省は税収について「今のところ企業の収益は良い。さらに増収も期待できる」とコメントしている。

編集部からの一言

財務省が公表している資料「一般会計税収の推移」を見ると、平成28年度にややダウンはあるものの、38.7兆円(平成21年)、41.5兆円(22年)、42.8兆円(23年)、43.9兆円(24年)、47.0兆円(25年)、54.0兆円(26年)、56.3兆円(27年)、55.9兆円(28年)、57.7兆円(29年)と、平成29年に至るまで、右肩上がりで増加していることがわかる(26年度以前は決算額、27年度は補正後予算額、28年度は予算額)。 麻生太郎財務相は昨年12月の会見で平成30年度の税収について「少し伸びてくるようなことが考えられる」と述べていたが、今年の税収にも注目したい。

税理士業界ニュース バックナンバー
税理士業界ニュース 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-5524-5760 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ