税理士の転職・求人 トップ > 税理士業界ニュース > 2017年 > 2018年度の税制改正要望が出そろう
マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

2018年度の税制改正要望が出そろう
2017/9/6

各省庁は2018年度の税制改正要望を提出した。
経済産業省は賃上げに伴う法人税の減税、社員教育にかかった費用の一部を法人税から差し引く制度などを盛り込み、安倍政権が看板政策として掲げる「人づくり革命」を具体化する策を提案した。
厚生労働省は事業所内保育所の設置を促すことを目的として、企業に対して施設や遊具などの割り増し償却措置を認めるように要求。
設置を進めた企業に対しては追加の優遇措置を設けることなども内容に盛り込んでいる。観光庁は外国人の事務手続きを軽くして訪日リピーターを増やすことを目的に、消耗品とそれ以外の物品を一度に申請できるようにして、消費税の免税手続きを簡素にする策を求めた。
国土交通省は空き家を取得する際にかかる、登録免許税および不動産取得税の軽減を要望。
財務省と総務省は8月31日で要望提出を締め切り、査定に入っており、今後は年末にかけて政府・与党内で各要望の可否を調整する予定だ。

編集部からの一言

2018年度の税制改正要望では、新税制の創設を要望する内容もあった。
たとえば、農林水産省が提案した「森林環境税」。土砂災害などを食い止めるために、森林整備を行う財源を確保する必要性を訴えた。
日本は数年前から「亜熱帯化」が指摘されていて、今夏も異常気象が相次いだ。そのため今後、大雨による土砂災害が多発する可能性もゼロとは言えない状態だ。
気候変動など、状況の変化に対応した新税制はさらに増えていくだろう。

税理士業界ニュース バックナンバー
税理士業界ニュース 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-5524-5760 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ