税理士の転職・求人 トップ > 税理士業界ニュース > 2016年 > 会計監査院が1兆2,189億円の税金の無駄遣いを指摘
マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

会計監査院が1兆2,189億円の税金の無駄遣いを指摘
2016/11/17

会計監査院は2015年度の決算検査報告書を安倍首相に提出した。その中で「税金の無駄遣い」として指摘した項目は455件に及び、金額は過去10年で2番目に多い約1兆2,189億円だった。最も無駄遣いが多かったとされているのは金融庁。指摘件数は1件だが、それだけで1兆964億円と、無駄遣い総額の9割を占めている。次に多かったのは厚生労働省の337億円で、件数は185件と省庁の中でも最多。

「生活福祉資金貸付事業」で一部社協の保有資産が過大とされているが、過大分を返還する規定がないため、改善を求めた。高額順では、国土交通省266億円、農林水産省213億円と続く。その他では、鹿児島県の航空自衛隊・下甑島分屯基地で、警戒管制レーダー装置の部品交換の際に938個の無料保証期間が過ぎていたため、約24億5,815万円の税金が無駄になっていると指摘された。

編集部からの一言

今回、会計監査院から指摘された件数455件は、昨年と比べると115件減少している。ところが、件数の多かった昨年(2014年度/570件)の金額は約1,568億円で、今年の額の1割強であったことがわかる。無駄遣いの金額が数千億円や1兆円など、大きすぎて実感がなくなってくるが、これも私たちが払っている税金だ。「無料保証期間の確認ミスで24億円を無駄に……」といった失態だけは避けてもらいたいものである。

税理士業界ニュース バックナンバー
税理士業界ニュース 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-3538-6218 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ