税理士の転職・求人 トップ > 税理士業界ニュース > 2016年 > 税制改正に向け、政府与党が議論を本格化
マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

税制改正に向け、政府与党が議論を本格化
2016/9/23

2017年度の税制改正に向けて、政府与党は本格的な議論をはじめる。政府税制調査会は、今月15日には「配偶者控除」の見直しなどの所得税改正の検討に着手し、自民・公明両党の税制調査会も10月ごろから議論に入る予定。政府税制調査会は配偶者の年収に関係なく、夫婦世帯の所得税負担を軽減する「夫婦控除」について検討するが、改正後に税収減とならないように対象を絞るなどの対策をとるとみられている。

税制改正後には、今よりも負担が増える可能性のある世帯があるため、政府税制調査会の会長は「不利になる方がいれば、納得してもらうための丁寧な説明が必要」との見解を示している。また、日本商工会議所は「平成29年度税制改正に関する意見」を取りまとめ、政府・政党などに提出した。意見書には「円滑な事業承継の実現に向けた税制の抜本的な見直し」、「中小企業の特性に着目し、成長戦略と一体となった税制の実現」などが盛り込まれている。

編集部からの一言

所得税の配偶者控除は、年収103万円以下の主婦がいる世帯の税負担を軽減する仕組みだ。今の制度は年収上限の設定があるため、働く意欲を阻む一因と指摘されている。経済財政諮問会議は、女性が働きやすい社会の実現に向け「今年中に配偶者控除については道筋を明らかにすべき」と提言。今回の所得税改正のテーマは「高所得世帯の負担を増やし、低所得世帯への恩恵を厚く」ということだが、不公平感なく、うまく進むのだろうか。

税理士業界ニュース バックナンバー
税理士業界ニュース 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-3538-6218 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ