税理士の転職・求人 トップ > 税理士業界ニュース > 2016年 > 5月9日、「パナマ文書」関連の新たな情報が公開される
マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

5月9日、「パナマ文書」関連の新たな情報が公開される
2016/5/11

4月3日に公開されて以来、大きな話題を呼んでいるパナマ文書。「税金逃れ、資産隠しのためにタックスヘイブンを利用したのでは?」という点に注目が集まっている。

5月9日にはワシントンに本拠を構えるICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が、タックスヘイブンに設立された20万社以上に及ぶ残りの名簿をWEBサイト上に公表すると発表した。

編集部からの一言

パナマ文書の問題点は、タックスヘイブンが税金逃れやマネーロンダリングの温床になっているのではないかという点。

日本では調査されていないだけに、CIJが発表するリストの中に日本企業の名前はあるのか、またあった場合に企業はどのような釈明をするのかが注目される。パナマ文書関連のニュースからは、まだまだ目が離せない状況が続きそうだ。

税理士業界ニュース バックナンバー
税理士業界ニュース 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-3538-6218 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ