COMPANY

あいわ税理士法人

スタッフ
田中様

IT系コンサルティングファームで8年の経験を積んで来た田中さんは、あいわ税理士法人に入所後、第1子を妊娠。育休復帰後も担当企業を持ち、税務のプロとしてその力を存分に発揮しています。

復帰前は、「仕事と子育ての両立ができるだろうか」との思いもあったそうですが、そんな田中さんを会社が力強くバックアップしてくれました。時短勤務などの制度はもちろん、状況に応じて柔軟に対応してくれたあいわ税理士法人らしいあたたかな支援について、お話しを聞かせてくれました。

8年間の社会人経験を経て、税務の道に進む決意をする

コンサルティングファームで経験を積んだ後、税理士国家資格の取得を目指す

大学卒業後、IT系のコンサルティングファームで経験を積んでいた私は、ハードワークな毎日を過ごしながら、今後の人生を考えたときに、勤務地や会社にとらわれずに手に職をもつということを考え始めました。

特にこだわりはありませんでしたが、父が税理士であることもあり、身近な資格であった税理士資格取得を決めたのは、社会に出て8年経った頃。コンサルティングファームを退職し、受験勉強に専念。その後、大学院に進み、院2年目にあいわ税理士法人に入所しました。

入所は2015年で、同年に結婚。16年12月に第1子を出産し、産休・育休を取得後、17年12月に復職しました。また、私は入所の段階で税理士国家試験に2科目合格していました。復職した年に5科目目に合格し、現在は有資格者としてあいわ税理士法人に勤務しています。

コンサルに強いことに加えて、人事担当者の誠実な人柄も入所の決め手

そもそも、私があいわ税理士法人に入所したのは、コンサルティングファーム時代の経験を活かしたいと思ったからです。そこで、記帳代行や申告業務をメインにしている事務所よりも、税務相談やコンサルティングに強い事務所を志望しました。加えて、「幅広い経験を積み、クライアントのあらゆる相談に応じられるようになりたい」という考えもありました。

このような希望を持っていた私に、友人があいわ税理士法人を勧めてくれました。早速、専門学校主催の説明会で話しを聞いたところ、人事担当者が誠実に対応してくれました。未経験で入所する私に対して、「研修やバックアップ体制を十分に整えていますが、もちろん、ご苦労もあると思います」と、正直に話してくれたからです。このような誠実な姿勢に惹かれたこともまた、入所を決めた理由の1つとなりました。

IPO準備会社の税務相談から、担当企業の申告書作成まで幅広く担う

実際、入所1年目は業務の知識がまったくなかったこともあり、苦労の連続。調べ方も含めて、何から手を付けて良いのかわからないような状態でした。そこで上司や先輩に相談し、助言を仰ぎながら仕事を進めていきました。

あいわ税理士法人の先輩方はやさしく、後輩思いの方ばかりですが、だからといって過保護になるようなことはありません。ふだんは適度に距離を置いて見守り、若手が質問してきたら丁寧に応えてくれます。このほどよい距離感が“あいわ税理士法人らしさ”のように思います。

担当業務の内容は、入所当初も育休から復帰した今も、基本的には変わりありません。IPO準備会社の税務相談を中心に、担当企業の税務相談や申告書作成を行っています。復帰後に変化したことと言えば、仕事のボリュームでしょうか。直属の上司が「まずはスロースタートで始めましょう」と言ってくれ、子育て中の私にできる範囲で、業務量を調整してもらいました。

結婚、出産、育休からの復帰。不安を感じることなく、子育てとの両立をできている理由

「復帰後も、産休に入る前にいたチームで働きたい」――私の思いを会社が受け止めてくれた

もともと私はワークライフバランスに対して強い希望があったわけではなく、唯一、「なるべく早く子どもを産みたい」と思っていたぐらいでした。入所から1年も経たない頃に妊娠がわかり、仕事に慣れてきた頃に産休に入りましたが、正直に言いますと、復帰前は不安もありました。

出産により生活がガラリとかわりますし、「スムーズに仕事に復帰できるだろうか」「果たして子育てとの両立は可能だろうか」という思いがあったからです。

それでも私は、復帰後も担当企業を持って働きたいと思っていました。上司やチームのメンバーと良い関係を築いていたので、「今までいたチームに戻りたい」という強い思いもありました。そこで、上司に相談したところ、「ぜひ戻っておいで」と言ってくださいました。

制度の充実はもちろん、スタッフ個々の状況を考慮して個別に対応してくれる

子育てに専念していた育休から復帰し、働きながら子育てをする生活へ。先にお話ししたとおり、仕事に復帰してからは上司と相談しながら業務量を調整していきました。

あいわ税理士法人には時短勤務や時間単位有給など子育てを支援する制度が充実していますが、私が一番ありがたく感じているのは、スタッフ個々の状況に合わせて対応してくれること。困ったことが出てきたら上司に相談すると、その都度、要望に応えるために何ができるかを考えてくれました。

あいわ税理士法人では、担当企業を1人で担当せず、必ずチームを組んで対応します。この仕組みのおかげで、子が急な発熱などで保育園から連絡が入った時も、すぐに駆けつけることができています。担当企業の希望で休日出勤などイレギュラーな状態になっても、必ず上司が他のメンバーをアサインするなどの対応をしてくれます。

すべての従業員にとって、働きやすい環境がここにある

良き仲間、良き先輩や上司がいるのは、あいわ税理士法人最大の強み。私自身、居心地の良さを感じていますし、産休・育休復帰率が100%であるのもうなずけます。もちろん、こうした当法人ならではの強みは子育て中のスタッフだけでなく、すべての従業員が感じていること。あらゆる従業員の要望を聞き、吸い上げてくれる体制があるからです。

「こうした案件を担当してみたい」「業務をこのように改善してみてはどうだろうか」など、現場の要望や提案にも応じてくれます。私自身も非常に手間のかかる仕事があったため、「業務効率化のため、システムを導入したい」と提案。すぐに会社が対応してくれて、システム導入に至ったことがあります。

私を支えてくれた上司やチームの仲間に、いつか恩返しがしたい

心から尊敬する上司がそばにいるからこそ、全力で仕事に取り組むことができる

私の上司は常に冷静で穏やか。むやみに怒るようなことはありませんし、どんな状況でも落ち着いて対応する強さとやさしさを兼ね備えた方です。私はまだスキルも経験も浅く、1人での対応が難しいこともありますが、すぐにリカバリーを考えてくれます。心から信頼する上司の下で働けるのですから、私はとても幸せです。

月並みな表現になってしまいますが、担当企業の相談に応じた時にいただく感謝の言葉は、今も昔も私のやりがいになっています。また、税務のプロとして「成長している」という実感を得られることも、やりがいの1つ。特に、マネジャーが私に任せる業務の範囲を拡げてくれた時は嬉しいですね。

生き生きと働き、充実した生活を送っている私の姿を、子どもたちにも知って欲しい

復職前、子どもと一緒に過ごす時間はとても楽しかったものの、子どものことだけを考えるあまり、どこか息苦しさを感じていたところもありました。復帰した今は、育休中のように子どもとじっくり向き合う時間はありませんが、だからこそ、復職前以上に時間を大切にするようになりました。効率性を考えて仕事に取り組み、子どもと一緒にいる時間をこれまで以上に愛おしく思う。そんな生活を送っています。

理解ある上司や会社のおかげで、「今がとても充実している」という実感がありますし、充実して働いている姿を子どもたちに見せていけたら嬉しいですね。

仕事だけでなく、人生そのものを充実させたい方にお勧めしたい法人

今まで、上司やチームの仲間にたくさん助けてもらってきたので、いつか、恩返しができるようになりたいです。今は子育てとの両立で精いっぱいですが、少しずつでもスキルを高めていき、チームに貢献できる人材になれたらと願っています。

これまで申し上げてきた通り、あいわ税理士法人は従業員一人ひとりの要望に応えてくれる事務所です。さまざまなライフイベントがある中で、仕事だけでなく人生そのものを充実させていくことができます。本人のライフスタイルや人生観を尊重してくれるので、すべての従業員にとって働きやすい環境があると自信を持ってお勧めできます。

ご紹介企業特集【あいわ税理士法人】マネージャー 宮間様|税理士の転職・求人・募集ならマイナビ税理士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

無料転職支援サービス申込み

ページトップへ戻る

アクセスマップ