マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

転職先として避けたほうがいい税理士事務所を見分ける方法は?
2017/5/26
コラム
転職先として避けたほうがいい税理士事務所を見分ける方法は?

就職や転職は、人生の中でも“大きな転機”の1つです。
希望の会社、または事務所への就職・転職が決まったら、誰もが輝かしい未来を思い浮かべるものですよね。
でも……残念ながら「入ってみたら思っていた未来と違った」と肩を落とす人もいるのが現実です。その原因は一体どこにあるのでしょうか? みなさんも他人事と思わず、今から対策を頭に入れておきましょう。

避けたほうがいい税理士事務所がある!?

みなさんのまわりには「勤め先の税理士事務所」に不満を持っている方はいますか?
不満と言っても、愚痴レベルから転職を勧めたくなるレベルまで色々とあり、愚痴であれば誰もが1つや2つは言いたくなるものでしょう。今回、注目するのは後者の「転職を勧めたくなるレベル」の税理士事務所です。
よく聞くのが「所長の人格に難あり」の事務所。傾向としては10人以下の小数の事務所に多いようですが、「いつも機嫌が悪い」「人のミスにはやたらと厳しい」というものから、中には「私用を押し付けられる」「個人の車を洗わせられる(!)」という、驚きの不満を聞くこともあります。

このような環境では、常に所長の顔色をうかがって仕事をしなければならず、仕事のストレスだけではなく精神的なストレスも加わり、常に疲労困憊……なんていう状態にもなりかねません。
また、「残業がやたらと長いのに給料は安い」という不満もよく聞きます。税理士事務所には「繁忙期」があるので、時期によって残業が多くなるのはやむをえないことだと思いますが、「残業を強制させられる(都合を一切聞いてもらえない)」「フルで働いているのに年収が200万円台」なんていう場合は、ちょっと考えたほうがいいかもしれません。
ただ、難しいのは、このような状況は「入ってみないと全貌がわからない」というところもある点です。実際のところ、避けたほうがいい事務所を事前に見分ける方法はないのでしょうか?

就職・転職時のチェックポイント

就職・転職時にチェックしておきたいポイントをまとめます。
面接では聞きづらいこともあるかもしれませんが、入所してからすぐに辞めるよりも、事前に情報を集めて精査したほうが双方にとってメリットがあります。できるだけ自分にとって必要だと思う情報は聞くようにしたほうがよいでしょう。

<給料や残業代などの報酬は適正か>
「報酬を確認するなんて当たり前」と思われるかもしれませんが、希望している事務所に入れるとなると「それだけで満足」と思い込んでしまったり、若い頃は報酬なんて気にしないと考えたりする人もいるものです。
しかし、そういう人に限って後々不満が出てくることがあります。
面接の前に複数の事務所の給与などを確認して、「業界で自分がどのぐらいの給与をもらえるか」を確認しておいたほうが良いでしょう。

<年齢構成に偏りがないか>
人材育成がうまくいっていて、長く勤められる職場の特徴の1つとして「さまざまな年代の人が働いている」というものがあります。
面接の際に所内の年齢構成を聞いてもいいですし、事務所内を軽く眺めてみて判断するのも良いでしょう。
ちょっと怪しいサインは、50代以上のベテランと20代の新人しかいないという事務所です。もちろん、この構成の事務所が全てNGなわけではありませんが、中堅層がうまく育っていない可能性があります。

<所長の態度>
面接を担当した所長が事務所の若手に乱暴な態度をとっていたら、その若手は「入社後の未来のあなたの姿」かもしれません。
事務所内の雰囲気というのはトップの人格によって醸成されるものなので、注意して見てみましょう。

求人票ではここを見る!

求人票やネットの求人情報を見る際には、どこに注意して見ればいいのでしょうか?ポイントをまとめてみました。

<募集の背景>
事務所が求人を出すタイミングは、主に「欠員(退職者)が出た場合」と「業務増加により増員をする場合」の2つがあります。一概には言えないところもありますが、前者の場合は「退職者の仕事、また同等のクオリティを求められる」ケースがあります。
たとえば、税理士試験の勉強をしながら税理士事務所で働きたいと考えている人が退職者の穴を埋めるために採用されたとすると、「仕事が忙しすぎて、勉強する時間が全くない」なんていう事態にもなりかねません。
求人票に募集の背景が書いてある場合もありますが、面接で「なぜ、募集しているのか」「自分はどういう働き方をしたいのか」をできるだけ事務所とすり合わせをしておきたいですね。

とはいえ、直接希望する事務所へ応募する場合、求人を出すに至った背景を面接の場で聞くことは簡単ではありません。求人が出てきた背景を知りたいとなった場合は転職エージェントのキャリアアドバイザーであれば転職について話を聞くことができます。転職実績多数のアドバイザーであればプロの目線として、あなたに適した職場をアドバイスしてくれることでしょう。
「転職を考えているけど、どの事務所が自分に合っているかわからずに悩んでいる」、そんな方がいたら、マイナビ税理士のサイトをご覧いただき、転職エージェントのメリットを感じてください。

バックナンバー 一覧
税理士業界コラム 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-5524-5760 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ