マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

マイナビ税理士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

年収1,000万円超の“高収入税理士”に
なる方法は?
2016/3/11
コラム
年収1,000万円超の“高収入税理士”になる方法は?
税理士の平均年収って?

現在の税理士の平均年収はどのくらいでしょうか?  気になって調べてみたところ、合格までに数年かかることが一般的な難易度の高い国家資格だけあって、「サラリーマンの平均年収よりも高い」ようです。

その額は約700万円と言われていて、小規模の税理士法人で600万円、大規模なところで900万円ぐらいのようです。これでも十分に高額ですが、税理士を含む「士業」の魅力は、実力があればさらなる高収入を得られるという点ではないでしょうか。

実際に、開業税理士の平均年収はもっと上といわれていますし(約3,000万円という話も)、勤務型税理士でも大手税理士法人の役員クラスにまでのぼりつめれば、年収1,000万円以上も夢ではない世界です。

要は、税理士は自分の努力次第で夢を掴める職業ということです。でも、ただガムシャラに頑張るよりも、先人たちが築いた方法を知っておいたほうが近道を選択できる可能性があります。そこで今回は、高収入を掴む方法を探ってみたいと思います。

30代で年収1,000万円も可能か?

まず1つめの方法は、これから税理士を目指す方、または税理士法人に入る方へ向けた方法です。一般的に、給与が高いといわれているのは「BIG4」と呼ばれる大手税理士法人です。BIG4とは、デロイト トーマツ税理士法人、KPMG税理士法人、PwC税理士法人、EY税理士法人のこと。

ここは入社直後から給与水準が高く、20代でも初年度の年収が500万円と、一般企業と比較しても高額なことで有名です。もちろん、そのぶん、仕事のハードルは高いでしょうが、順調にいけば管理職で1,000万円、役員で1,500万円と、さらなる給与アップが可能です。

実際に、BIG4には30代の管理職もおり、「30代で年収1,000万円は実現可能」ということになります。ですから、「何としても高収入を狙いたい」と考える人は、BIG4に入社することがそれを実現するための1つの方法といえるでしょう。

ただ、当然ですが、BIG4の入社倍率は高く、入ってもずっと高収入が確約されているわけではありません。管理職、役員になれるのはほんの一握り。高収入を手にするためには、厳しい出世競争があるということも頭に入れておきましょう。

得意分野がある税理士を目指す

2つめの方法は“得意分野”を徹底的に磨き上げることだといわれています。「この分野はアイツに任せれば間違いない」と思われるような税理士になれば、年収アップに繋がる可能性があるということです。

最近は、グローバル化の影響で「国際税務」のニーズが高まっているといわれています。変化の速い現在はニーズが随時変化していくので、インターネットや新聞で情報収集を積極的に行い、強みにする分野を見定める目も必要といえるでしょう。

税理士法人に入社してから最初の5年が得意分野を築くうえで大事な期間といわれています。この期間にさまざまな業務を積極的にこなしながら、「何が向いていて、何が不向きか」を考えながら自分の得意分野を見定めるようにしましょう。

得意分野を築くことができれば、独立開業の道も見えてきます。冒頭でも書いた通り、開業税理士の平均年収は勤務型税理士よりも高いといわれているので、夢は広がるのではないしょうか。みなさんも自分だけの戦略イメージを膨らませてみてはいかがですか?

今すぐ転職サポート申し込み
バックナンバー 一覧
税理士業界コラム 一覧へ
マイナビ税理士を詳しく見る
税理士の転職・求人・募集|マイナビ税理士

TEL:03-3538-6218 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ